SSブログ

仰天の米軍トップ人事 [Joint・統合参謀本部]

仰天の米軍トップ人事30日オバマ大統領発表

★9月30日 マレン議長 →デンプシー陸軍大将へ
デンプシー大将は、陸軍参謀総長に4月11日就任したばかり
デンプシー大将の経歴等は↓ 補足:ご子息3名全員が陸軍人
「陸軍参謀長に与える課題」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-04-13

★7月 カートライト副議長 →ウィネフェルド海軍大将
ウィネフェルド海軍大将は元々F-14パイロット、空母エンタープライズ艦長で911事案を迎え、アフガン攻撃OEFに参加。その後空母群司令官や第6艦隊司令官(地中海)と欧州米軍海軍副司令官を兼務しを歴任。今は北米コマンド司令官として米本土の防衛とNORAD司令官を兼ねる。統合職としてはJ-5部長(director for strategic plans and policy)を経験している。
統合参謀本部議長の主席副官経験もあり、看取り稽古は十分。

また米空軍はポストを逃しました・・。
世界の空軍共通の問題は、全士官の15~20%程度の数のパイロットが主要なポストに就いている(パイロットが支配している)ため、真に有能な人材を十分に活用できていない能力の劣る人材がパイロットであるが故に主要ポストに就いている)現実にあります

米国内の報道論調は・・
●デンプシー大将は優れた戦略・軍事思想家であるが、この識見能力は米陸軍の改革にこそ生かされるべきではないか。統合参謀本部議長は4軍の多様な問題(同性愛兵士の件等)を扱わなければならず・・本当にデンプシーが適材適所なのか???
なぜカートライト副議長ではだめなのか?既に調査済みで疑いの晴れた「女性副官との不適切な関係」が尾を引いているのか?アフガンでのサージに相談なく反対の異を唱えたからなのか? はたまた、オバマ大統領との面接で何かあったのか?
リビア作戦で頑張っているスタブリディス海軍大将はどうして漏れた? ワシントンDCでは全ての噂を信じておく必要がある、との教訓を残した今回の人選である。

ゲーツ長官は1日シンガポール行きの機内で
gatesShangrila.jpgカートライト副議長の落選に関し・・)細部には触れない。本件については大統領と1年以上話し合ってきたが、報道さえているような見方は全くの誤りである。

私が大統領と話す際は、チームとしてどうかとの視点で何時も話してきた。CIA長官の後任についてもである。カートライト大将は素晴らしい人物であり、私の友人である。

   左がArmy Gen. Martin E. Dempsey
   右がNavy Adm. James A. Winnefeld Jr
dempsey.jpgwinfield.jpg

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Awakko

ご無沙汰しておりますm(_ _)m

この人事は驚きの一言ですね…。
デンプシー大将が陸軍参謀総長に就任してまだ2ヶ月弱ということは、ゲーツ長官はデンプシー大将をJCS議長に指名することを見据えて、わざわざ議長に指名することが(ほぼ)不可能なTRADOC司令官から参謀総長に引き上げたということなのでしょうか…?
だとしたら、何という策士…。脱帽です。

ウィニフェルド大将についても同様です…。海軍なら欧州軍司令官で、議長候補の声もあったスタヴリディス大将も居るのに…もちろんスタヴリディス氏が、今NATO軍司令官としてリビア戦線の指揮を執っておられることも考慮する必要はありますが、北方軍司令官を指名=本土防衛への重心を移動しようという志向の現れでしょうか。。。

空軍と言えば…戦闘コマンド(ACC)のフレイザー大将が退き、後任には第9空軍司令官のギルマリー・ホステージ3世(Gilmary Hostage III)中将が就くようです。本来なら国防省から指名にあたってアナウンスがなされるはずが、何のアナウンスもなく、隠れるように指名・承認されているのが気になります。
このホステージ中将、E-3のパイロットも経験されていますが、本職?は戦闘機乗り(F-15・F-16)だそうです。
今後のフレイザー大将の進退(新たなポストか退役か)、そしてこの人事が戦闘機乗りの復権につながる事態なのかなど、個人的には空軍も気になることが多いです。
by Awakko (2011-05-31 20:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0