So-net無料ブログ作成

次の米陸軍と米海軍トップ候補指名 [Joint・統合参謀本部]

本サイトのFacebookとTwitterもご活用下さい!
Facebook→http://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitter→https://twitter.com/Mongoose2011
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

New-Army Navy top.jpg13日、カーター国防長官は次の米陸軍と米海軍のトップ、つまり陸軍参謀総長と海軍作戦部長(海軍はこの職が陸や空の参謀総長と同義の職名:CNO:Chief of naval Operation)の候補者をオバマ大統領が指名したと発表会見を行っています

つい先日、次の統合参謀本部議長と副議長の候補指名が行われたばかりですが、空軍を除く全ての軍種のトップが今年秋までには交替するようです。
良く背景はわかりませんが、陸軍は王道人事で、海軍はサプライズ感のある「初」人事のようです

陸軍参謀総長候補はMark Milley大将
Milley.jpg●現在は陸軍コマンド司令官。その前はDunford次期統合参謀本部議長候補の下で、アフガン展開NATO地上部隊の司令官を務めていた。もともとは戦車部隊出身だが、経歴の多くは歩兵部隊や特殊部隊で刻まれている
●カーター長官は会見で「彼の率直で優れた判断に強い印象を受けている。彼は指揮官としてわが国民に尽くしてきたが、今後も米陸軍を国のために更に尽くす軍へと導いてくれるだろう」と紹介した

●今年3月、Milley大将はタリバンとの捕虜取引で、行方不明だったBowe Bergdahl軍曹を取り戻したが、同軍曹を敵前での振る舞いが不適切であったとして処分した。
●一方、オバマ大統領が同軍曹の両親を訪問して帰還を祝福した中での処分決定であったため、大統領に失礼だと批判するものもあった

●1980年プリンストン大学卒(political science)のROTC出身であるが、承認されれば同大将は予算縮減と規模縮小の中、中東、欧州、アジア太平洋での任務に挑むことになる
●昨年10月の講演で同大将は、州兵と予備役兵を、正規兵と良く融合させることが重要だと発言している

海軍トップ候補のJohn Richardson大将は
●現在のグリーナート作戦部長に続く潜水艦乗り。現職は2012年11月から「director of Naval Reactors」「director of Naval Nuclear Propulsion Program」で、この職から作戦部長になるのは初めて

Richardson2.jpg●カーター長官はオハイオ級戦略原潜(後継?)の開発に功績のあった同大将について、「驚くべき指導者で大胆な思考家でもある。最近の海軍に関わる困難な決断の多くに関与している。米海軍の今後の舵取りに優れた種案を発揮してくれるだろう」と紹介した
●更にカーター長官は、同大将と仕事の機会が多いエネルギー長官のErnest Moniz氏の言葉を紹介し「もし人間クローン作成技術があったら、私はRichardson大将のクローンがほしい」と語っていたと紹介した

●匿名の関係者は「グリーナート作戦部長の最優先は戦略原潜とバージニア級攻撃原潜の建造ペース維持であり、そのために潜水艦乗りのRichardson大将を後継にしたのではないか」と語っている
米海軍協会のSheila McNeill前会長は、1982年海軍士官学校卒でMITの修士号を持つ同大将を「議会と海軍兵士を繋ぐ役割を果たす真の能力を持っている」と表現し、素晴らしいCNOになると語った

Richardson大将の経歴票
http://www.navy.mil/navydata/bios/navybio.asp?bioID=440

オハイオ級戦略原潜の後継計画
「次期SSBNの要求固まる」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-08-2
「オハイオ級SSBNの後継構想」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-01-25-1
「SLBMトライデント延命構想」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-13

米潜水艦関連の記事
「攻撃潜水艦SSNの将来」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-10-28
「バージニア級SSNの内部映像」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-09-10-1
「米潜水艦への女性配置」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-10-20
////////////////////////////////////////////////

先日の統参議長と副議長候補発表
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-05-02 

Richardson.jpg関心は海軍作戦部長ですが、「潜水艦乗り」が続くことに関する背景や評価は、今後色々な論評が出ると思います。もう少しいろんな意見を聞いて見たいと思います。
対中国で優位な分野に潜水艦分野があり、その部分を維持したいとの考え方は一理あるような気もします。

でも・・・一度でいいから「君のクローンがほしい」と言われてみたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0