So-net無料ブログ作成

太平洋軍が対中で兵力配備再検討 [Joint・統合参謀本部]

第2列島線まで後退する新たな拠点模索?
南シナ海への「にらみ」とはいうけれど
PNGやミクロネシとは・・・

Davidson5.jpg12日、Davidson太平洋軍司令官が上院軍事委員会で証言し中国の軍事力強化や南シナ海の要塞化を踏まえ、北東アジアやグアム中心だった兵力配備やローテーションの再考を求められていると語りました。

この発言を踏まえ米軍事メディアが専門家の見方を紹介し、具体的にインドネシア、パプアニューギニア(PNG)、ミクロネシアなどに米軍の活動拠点を求め、中国とのつばぜり合いが発生している様子を伝えています。

南シナ海周辺を外まきに取り囲むと言われればそうかもしれませんが、中国のA2ADに対応し、または中国の軍事力強化に押し出され、第2列島線ラインまで後退を余儀なくされているように見えてしまうのですが、長らく対中国の米軍動向を取り上げていないので(米軍の動きが見えないので)、久々の話題としてご紹介しておきます

15日付Military.com記事によれば
Papua New Guinea.jpg●15日、上院軍事委員会で太平洋軍司令官は、対中国を見据え、新たな兵力前進配備場所や物資集積場所を検討していると語り、地域の同盟国や友好国と協議していると証言した
●そして同海軍大将は、「ここ最近数年のことでなく、数十年間にわたり、太平洋軍の基地や展開先は北東アジア地域に置かれてきた」、しかし地域情勢の急激な変化に対応するため「どこを拠点に作戦するか、どこに兵力をローテーション派遣するかの再検討を求められている」と語った

●太平洋軍は、韓国、日本、豪州、グアム島に兵力を駐留させローテーションしているが、専門家は、これら派遣戦力の増強だけでなく、これら地域以外に(又はこれら地域から)インドネシア、パプアニューギニア、ミクロネシアなどに間もなく戦力が展開されるだろうと語った
CSISのアジア太平洋部長Carl Baker氏は、「中国が米国と対等な競争者として台頭する中、アジアインド太平洋地域には新たな考え方が生まれており、北東アジアだけでなく、南東アジアからインド洋も含めた展開地域拡大検討が迫られている」と表現している

●Baker氏は背景として、中国の海軍やミサイル能力向上により、射程外の場所に米軍の拠点を探す必要が生じ、また中国の南シナ海の拠点化により、米軍地上部隊を「toward the ends of the South China Sea」に置く必要が出てきたと表現した

PNGやミクロネシアで
Manus.jpgヘリテイジ財団のDean Cheng上級研究員は、米中のつばぜり合いの一例として、パプアニューギニアのManus Islandに中国が海軍基地を建設しようと試みたが、米国と豪州が協力してこれをはねのけ、パプアニューギニアとのプロジェクトに乗り出した事例に言及した
●米軍はManus Islandの2か所の海軍施設を、WW2当時から重要な海上交通路をにらむ拠点として使用しているが、当時ペンス副大統領が「パプアニューギニアの島々の主権と海洋権益を守るため、豪州と協力する」と表明している

●Cheng上級研究員によれば、米軍が恒久的な軍事基地をアジア地域に新設することは難しい情勢なので、米軍は様々な演習を通じて地域の国々との相互運用性を向上して危機に備えることを考えている。特にグアムとパプアニューギニアをつなぐミクロネシアの島々で、危機に際しての「staging ground」としての利用を視野に置いている

Davidson太平洋軍司令官は上院軍事委員会で、「我々は南シナ海での劇的な変化の事実を受け止めなければならず、過去の繰り返しの様な対応でなく、新たなアプローチを求められている」と証言している
//////////////////////////////////////////////////////

Micronesia.jpg南シナ海の周辺国であるインドネシアで何が検討されているのか気になるところですが、記事には記述がありません。今後注意いたしましょう・・・

PNGやミクロネシアと言われると、太平洋戦争時の帝国陸海軍と米軍の攻防と、「飛び石作戦」を思い浮かべますが、米国の研究者は当時の資料を読み返しているのでしょうか・・・

南シナ海の人工島とその要塞化は実質完成してしまいましたので、新しい現実の中で考えざるを得ません。「なされるがまま」「相手の言いなり」で事態は進み・・・

A2AD中国軍事力関連の記事
「空母キラーDF-26の発射映像」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-01-31
「射程1800㎞の砲を米陸軍に」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-01-26-1
「DIAが中国軍事力レポート」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-01-17

「H-20初飛行間近?」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-13
「イメージ映像:中国軍島嶼占領」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-09-06
「驚異の対艦ミサイルYJ-18」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-10-30

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。