SSブログ

米空軍は弾薬庫航空機を継続検討中 [米空軍]

国防省SCOで2016年ころから検討中
B-52が有力候補も、B-1やC-17の声も
運用構想の詰めが必要な気がしますが

arsenal plane.jpg4日付米空軍協会web記事は、2016年に当時のカーター国防長官等が打ち出した「弾薬庫航空機:arsenal plane」についての検討が米空軍内の「Global Strike Command」内で引き続き行われており、同コマンド司令官が「a little bit of learning going on:継続検討中」と説明する過程にあるようだと紹介しています

「弾薬庫航空機:arsenal plane」は敵の防空網が強固になる中、敵目標近傍まで接近できるステルス機のような航空アセットの兵器搭載量が限られることから、敵目標近くまで接近して目標位置や移動状況を搭載センサー類で把握してネットワークを通じて伝達する突破型アセットとは別に、多少目標から遠方に所在しても大量に兵器を搭載した空中アセットから補完的に攻撃を行うコンセプトを持った飛行アセットです

arsenal plane3.jpg記事がオプションとして話題に取り上げているのは、ステルス機ではないが搭載量が確保できるB-52やB-1爆撃機か、C-17のような輸送機又は旅客機タイプを改良型になっています。

大型機でなければ、XQ-58のような戦闘機サイズの無人ステルス機もウイングマンとして同行して「弾薬庫航空機:arsenal plane」的な役割は果たせるのですが、米空軍の議論では既存大型機クラスを「弾薬庫航空機:arsenal plane」として議論しています

米空軍協会webサイトが取り上げたのは、9月の米空軍協会主催の航空宇宙会議の場と11月3日の記者会見で記者から質問が出て、2016年以来久々に話題になったからのようで米空軍内で議論が盛り上がっている雰囲気は感じませんが、対中国作戦を考える場合の一つのオプションですので、忘れない程度に紹介しておきます

4日付米空軍協会web記事によれば
国防省のSCO(Strategic Capabilities Office)が数年にわたり扱ってきた「弾薬庫航空機:arsenal plane」について米空軍は、今後いくつかの試験や検討を踏まえての報告を主要幹部に計画しているようである(具体的な日程等については情報は得られていないが)
arsenal plane2.jpg●「弾薬庫航空機」については、2016年に当時のカーター国防長官が「旧式の航空機を、多様な通常兵器の発射母機に改良するアイディア」として打ち出し、米空軍も2016年に説明ビデオを作成し「マルチエンジン機体で、戦闘機や無人機に伴われ、ネットワーク化された半自動兵器を搭載する機体」と解説している

●9月に開催された米空軍協会の航空宇宙総会で、GSCのTimothy Ray司令官は記者団に、構想を成熟させるためにさらに実験を計画しており、空軍上層部への報告を求められていると状況を説明していた
一方同じ会見でRay司令官は、一般にはB-52が最適な機体だと推測されているようだが、輸送機が仲間に加わる可能性もあると述べつつ、「there’s a little bit of learning going on:継続検討中」であり、「言うは易し、行うは難し」だともコメントしていた

●11月3日に米空軍報道官は本件に対し、空軍上級リーダーレベルで「弾薬庫航空機」構想をどのように扱うかについて引き続き議論していると記者団に答えた

●CSISのTodd Harrison研究員は、「輸送機で可能かと問われれば、何を搭載するかによる」と述べ、空対空兵器なら翼下に搭載する必要から輸送機の利用は困難だが、空対地兵器なら後方搭載口から投下可能だとコメントし、
arsenal plane4.jpg●「弾薬庫航空機」は必ずしもステルス機や高速機である必要はなく、大きな搭載量が必要であることから、胴体内と翼下に兵器を搭載可能で、搭載量も大きいのB-52がベターな選択だと述べている

ミッチェル研究所のMark Gunzinger研究員は、輸送機や旅客機タイプを「弾薬庫航空機」に改修するのは実行可能性が低く、また有事には輸送機需要が急増することからも、輸送機や旅客機の転換は適当ではないとの意見を述べている
////////////////////////////////////////

拠点(飛行場)の少ない西太平洋で、中国正面で、第一列島線や第2列島線から、如何に攻撃能力を確保するかを必死に考えた末のアイディアの一つです米陸軍の「射程1800kmの砲」もそうですし、「空母1隻とミサイル2000発の比較」も根っこは一緒です

いろんなアイディアを出して検討していく、いろんな人がアイディアを持ち寄り、知恵を絞っていく・・・。この姿勢は見習いたいものです

弾薬庫航空機の構想
「カーター長官が17年度予算案で表明」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2016-02-03
「弾薬庫航空機に向け改修」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-08-13
「同構想とB-52」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-03-12
「カーター長官が構想を語る」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2016-10-29-1
「SCOの動き」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2016-09-10
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。