SSブログ

米軍のエネルギー兵器が続々成熟中 [米国防省高官]

あまり具体的ではありませんが
無人機の群れ撃退の「PHASER system」以外にも

Directed energy.jpg29日付米空軍協会web記事は、軍民様々な関係者への取材を基に、「レーザーや高出力マイクロ波など用いたエネルギー兵器が過去5年間程度で大きく成熟した」と報じ、例えば米空軍は5つのプロトタイプ試験に成功し、その内少なくとも2つを海外の前線に展開させて実戦的試験や確認を行う方向だと報じています

米空軍が来年前線に展開して試験や確認を行う「少なくとも2つ」の中の1つは、先日ご紹介した「高出力マイクロ波HPM」で無人機の群れを無効化するレイセオンの「PHASER system」ですが、他は装甲車に搭載するレーザー兵器の様です

その他、過去2年間で国防省のエネルギー兵器予算が2倍だとか、米海軍の関連予算が米空軍の予算額を上回った等の関連する話題をご紹介します「いつまでたっても完成まであと5年」と揶揄された時代は終わったのでしょうか?

9日付米空軍協会web記事によれば
ATV.jpg●10月29日の会合でエネルギ兵器推進団体(DEPS)のMark Neice理事は、2017年から19年の間に、国防省のエネルギー兵器関連予算は約580億円から1200億円に倍増し、3軍とMDA、DARPA、エネルギー兵器統合室などに配分されている、と説明した
また米海軍研究所担当者は、2019年度予算で米海軍の関連予算(290億円)が米空軍の予算額(260億円)を上回ったと説明し

米空軍研究所のエネルギー兵器担当官は「レーザーや高出力マイクロ波など用いたエネルギー兵器が、過去5年間程度で大きく成熟した」「3軍の戦場に装備品として姿を現し始めた」「好むと好まざるとにかかわらず、敵味方の両方に渡り始めている」と表現した
●同上の担当官は、「米空軍は無人機対処の5つのエネルギー兵器(4つはレーザー、1つが高出力マイクロ波)を試験し、全てが無人機を撃墜に成功した」と明らかにし、試験の細部は後ほど発表されると説明した

Directed energy2.jpg●米空軍は既に、レイセオン社から2つのレーザー兵器と1つの高出力マイクロ波兵器を調達すると発表している、最初のレーザー兵器は10月中に納入され、装甲車両ATVに搭載される
高出力マイクロ波兵器「PHASER system」は、輸送用コンテナサイズでC-130輸送機で運搬可能な装置で、2時間程度で輸送可能な状態にすることが可能なシステムで、18か月間約18億円で完成した緊急開発装備の成功事例だと言われている。(2020年初に前線に配備され、約1年間の前線実地試験が行われる予定

米空軍関係者は、レーザーと高出力マイクロ波システムがどの地域に配備されるのかコメントを避けたが、9月に発生したサウジ石油施設への無人機と巡航ミサイルでの攻撃の教訓から、中東方面と推測する者が多い

最近エネルギー兵器関連予算が急増している背景として、米空軍研究所担当官は、技術的な成熟にもちろん関係しているが、ロシアや中国が活発にこの分野で動いていることも背景にあると述べ、「米国が蓄積してきた技術的優位が逆転されるほどではないが、ロシアや中国は、米側には不足している失敗を恐れない文化があり、低い完成度でも前線に投入してくる傾向があるので要注意だ」と危機感を表現した
////////////////////////////////////////////

Directed energy3.jpg注意が必要なのは、依然として弾道ミサイルや巡航ミサイルや航空機を迎撃するほど大出力エネルギー兵器が可能になったわけではなく小型の無人機を撃退する程度の出力のエネルギー兵器が可能になった程度だということです

また、飛来する空対空ミサイルのシーカーにレーザーを照射して無効化する程度の「自己防御用」レーザー視野に入っている程度かと思います

更に出力が出てくると、他の航空機や周辺への安全配慮など、運用上で詰めなければならない細部もあり、その資を得るため前線に配備していろいろ試してみるということでしょう

エネルギー兵器関連
「米空軍が無人機撃退用の電磁波兵器を試験投入へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-27
「米陸軍が50KW防空レーザー兵器契約」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-08-05
「米艦艇に2021年に60kwから」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-24
「F-15用自己防御レーザー試験」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-04
「エネルギー兵器での国際協力」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-27
「エネルギー兵器とMD」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-05-12
「レーザーは米海軍が先行」[→]https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-03-24

「無人機に弾道ミサイル追尾レーザー」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-12-17-1
「私は楽観主義だ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-09-23
「レーザーにはまだ長い道が」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-07-18
「AC-130に20年までにレーザー兵器を」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-07-06

国防省高官がレーザーに慎重姿勢
「国防次官がレーザー兵器に冷水」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12
「米空軍大将も慎重」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-06-24

夢見ていた頃
「2021年には戦闘機に」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-02-21
「米企業30kwなら準備万端」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-03-17-1
「米陸軍が本格演習試験」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-05-14-1
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。