SSブログ

Shanahan臨時国防長官の後任は女性? [米国防省高官]

議会との関係が急速に悪化する臨時長官
一時は解任も噂されたこの女性の下馬評アップ

Shanahan6.jpg22日付Military.comは、マティス前国防長官に代わって1月1日から臨時国防長官を務めているPatrick Shanahan氏と議会との関係が急速に悪化していることを受け、Wilson空軍長官を後任者として推す声が報道や発言が相次いでいると報じています。

ただしShanahan臨時長官の仕事ぶりを讃え、当面このまま臨時長官を務めさせるか、または正規の国防長官に就任させる可能性も示唆し始めているトランプ大統領やホワイトハウスの姿勢とは異なった情報であり、情勢は微妙です

そもそもマティス前長官は、昨年12月に自ら辞任を表明する前から、就任2年となる今年2月に退任する予定だった言われており、多くの後任候補者が政権内部で検討されていた模様です。

しかし突然のシリアからの米軍撤退表明後任候補者が次々と「トランプ大統領には付いていけない」と辞退したことから、Shanahan副長官が臨時長官に急きょ繰り上がったと言われています

ですから、トランプ政権はShanahan臨時長官で当面乗り切るしかないのが現実かと思いますが、この臨時長官と議会の関係が急速に悪化しています

例えば・・・
Shanahan5.jpg12日に上院軍事委員長のJim Inhofe議員(共和党)は記者団に、臨時長官にはマティス氏のような「謙虚さ」が欠けていると述べ、更に、臨時長官はあくまで臨時であり、国防省全体の業務をかじ取りする力を供えていないのだから、政権は正規の国防長官を任命することになると明言している
●そして同議員は臨時長官の前職がボーイング社重役であったことに関する点や、軍事問題の経験が浅いことに関しては、ことさらに問題視する姿勢を示さなかったが、「Shanahan氏が正規の朝刊として議会承認を求めてきたなら、超党派の議員間で問題視する声となる可能性がある」と言及した

●また20日頃、共和党の有力上院議員のLindsey Graham氏は、臨時長官からの中東情勢ブリーフィングを受けた後、「臨時長官は私の信頼を失った」と関係者に語り、臨時長官に対しても直接「敵対勢力として行動せざるをえない」と言い放ったと伝えられている
Graham議員と臨時長官とのやり取りは、トランプ大統領のシリア撤退に関する見解を問うもので、大統領を支える立場の臨時長官は難しい立場だったと考えられるが、ものの言い方や態度が、つまり人柄が議会の反発を買っている模様で、信頼回復は難しいと見られている

そんな中22日付Military.com記事は
Wilson6.jpgWilson空軍長官を国防長官に推す声が様々な方面から発せられている。実現すれば初の女性国防長官となるHeather Wilson女史を推す声は、超党派の議員から上がっている
●また政権関係者が、Wilson空軍長官なら国防長官就任に必要な議会承認手続きがスムーズに進むだろうと語ったとも報じられている

下院軍事副委員長は「女性は常に国家安全保障にポジティブな影響を与えてくれる。そして女性の役割やチャンスは最近正しい方向に拡大している」と一般的な表現ながら、Wilson空軍長官を押す発言をしている
●また国防省で次官補代理を務めた経験のあるシンクタンク研究員は、「国防省で現在活躍している上級ポストの女性は、未来志向で、肯定的で、声に出して主張でき、官僚機構での戦いに優れ、意に反する政策でも上層部での決定事項については誠実に遂行する姿勢で評価されている」と表現し、Wilson空軍長官を間接的に押している

ただしトランプ大統領が宇宙軍創設を打ち出した際、空軍が消極的だったため、一時はWilson空軍長官解任の噂が流れホワイトハウスが否定するコメントを出したこともあり、政権側の評価は定かではない

Wilson5.jpg●なおWilson空軍長官は、米空軍士官学校の卒業生(女性で3期目)で7年間の空軍勤務がアリ、その後NSCのスタッフ、サウスダコタ州の児童教育長、下院議員を11年間、それらの合間に今も続く国防関係コンサル企業を設立したほか、複数のエネルギーや国防関連企業の顧問も務めた経験を持つ、3人の子供の母親です
/////////////////////////////////////////////////

記事はもう一人、Ellen Lord調達担当次官(女性)を有力な次期長官候補として紹介しています。

Lord次官もボーイングの重役出身で、その点では議会の評価は微妙かもしれませんが、 官僚的で、鈍重で、融通が利かない国防省の調達業務の改革に「剛腕」で取り組む「できる女性」として紹介されています

でも・・・いつもは複数の名前が挙がる米議会から候補者の名前が出ないのは深刻ですねぇ・・・

関連の記事
「臨時長官はB社関連決定できず」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-01-01-1
「辛辣な承認審議」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-29
「副長官候補にボーイング重役」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-17
「Wilson長官のご経歴など」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-01-24

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。