So-net無料ブログ作成

米空軍:B-1とB-2早期引退方針に変化なし [米空軍]

B-21 2.jpg16日付米空軍協会web記事が、Wilson空軍長官へのインタビュー記事を掲載し1年前に発表した爆撃機ロードマップ「Bomber Vector」で明らかになった、「まだ機体年齢が若いB-1とB-2爆撃機を先に引退させ、最も高齢で67歳になるB-52を2050年代まで運用する計画に変化はない」と語りました

米空軍協会がこの質問をしたのは、爆撃機ロードマップ「Bomber Vector」発表後に、米空軍が将来予測情勢を基礎に必要戦力数を見積もって発表した「Air Force We Need」で、爆撃機飛行隊を追加で7個飛行隊増やす必要があるとの結果が示されB-1やB-2を早期引退させずに維持する方向転換があったのでは・・・・との噂が流れていたからです

まずB-1とB-2早期引退方針の背景ですが・・
(細部は→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17-2
●以前は、B-1とB-52を2040年まで、B-2を2058年まで使用する計画だったが、「Bomber Vector」では、B-1とB-2を2030年前半に早期退役させ、B-52のエンジン換装等を行って2050年代まで維持する。
新規に導入するB-21爆撃機100機は、2020年半ばから11年かけて製造され、75機のB-52と併せた175機体制への移行はゆっくり行われる

3-Bomber.jpg上記の背景にはB-21調達予算を確保すると、維持費が高価なB-2を維持することや、戦略兵器削減条約の関係から巡航ミサイルを搭載できない&維持費も高いB-1を維持出来ないことがある
B-1とB-2の稼働率が低く維持費が高いのは、部品製造企業が次々に撤退し、部品確保が困難であることが大きな原因で、特に20機しかないB-2は部品の「共食い」で何とかしのいでいる状態で、2058年までの維持など到底不可能である。またB-2のステルス突破力は、間もなく通用しなくなるとの見積もりも背景にはある

●また、B-21爆撃機を、B-1とB-2の後継として同じ基地に配備することで、弾薬管理施設等の設備投資を抑え、運用要員や整備員計約1万名への影響を最低限に、かつ安価に円滑に機種更新を実施可能と見積もられることがある

●一方で、開発が進む長射程スタンドオフ兵器や多様な兵器が搭載可能なB-52に対しては、今後のエンジン換装による燃費改善で航続距離や在空時間を延伸し、2050年代の退役までエンジンを取り外し定期整備を不要とする方向で、
●また、B-52エンジン換装や2050年代までの維持には2兆4千億円が必要とされているが、そのうちの1兆円強は新エンジン導入による維持費や燃料費の削減でペイできると米空軍は主張している

Wilson空軍長官はインタビューで
B-2takeoff.jpg●(Bomber Vector計画に)変化はない。昨年発表したように、米空軍は最低175機の爆撃機が必要で、それはB-21とB-52の混合編成となる計画である
●我々のB-21爆撃機開発は、Critical Design Reviewも終了し、スケジュール通りに順調に進んでいる。B-21計画は最もよく管理された開発プロジェクトの一つであり、爆撃機の全体計画を変更する必要はない
B-52爆撃機に対しては、エンジン換装等の近代化改修に引き続き投資してゆく
////////////////////////////////////////////////////

米空軍協会のミッチェル研究所は、独自に必要爆撃機数を見積もり、「270機」との数字を打ち出しているようです。

そしてその中では、B-21爆撃機の調達機数増加を求めており、またB-1とB-2の退役時期もB-21が十分配備されるまで待つべきと提言されています(B-1ろB-2早期退役は支持

9th Bomb SQ3.jpg背景として、西太平洋線域で求められる航空戦力の作戦行動半径の大きさや、中国軍の精密誘導兵器による米空軍基地(@地域の島に所在)への脅威、更に防空兵器の射程延伸があるようです

まぁ・・・ミッチェル研究所は米空軍応援団ですから大きな要求を持ち出しますが、事は日本周辺の軍事情勢に直結していることを肝に銘じておきましょう

爆撃機ロードマップ
「2018年春のBomber Vector」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17-2

B-52関連の記事
「パイロンに大型兵器を」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-07-14-2
「エンジン換装大集会」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-12-24
「エンジン内部破損で落下」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-01-08
「弾薬庫航空機に向け改修」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-08-13

21世紀の抑止概念を目指す
「3本柱は本当に必要?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-07-22
「米戦略軍も新たな抑止議論」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-11
「将来の抑止と第3の相殺戦略」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-03
「次期爆撃機に有人型は不要だ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-07-16-1

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。