So-net無料ブログ作成

宇宙配備のミサイル防衛センサー整備が急務 [Joint・統合参謀本部]

Hyten7.jpg7月26日、米戦略コマンド司令官のJohn Hyten大将が記者団に対し、最も重要な投資先として、宇宙配備のミサイル防衛センサー(space-based sensors)を上げました。

折しも、北朝鮮がICBM実験を繰り返す中での発言であり、発言の前後関係がよくわからず、この宇宙配備センサーと北朝鮮問題が関連するのかも知識不足で分からないのですが司令官自身が若かりし頃から関与した「30年前から指摘されている課題」だそうなので、ご紹介しておきます

懐かしの「スターウォーズ構想」とも呼ばれた、1980年代の「SDI(Strategic Defense Initiative)」にさかのぼる課題が、今蘇る・・・との悪夢です

27日付米空軍協会web記事によれば
space-based 2.jpg●Hyten司令官は記者団に対し、「今最も重要な投資先はセンサー能力の増強である。なぜなら、世界中で何が起ころうとも、効率的にこれに対処して防御するには、どのよう様な脅威なのか見極める必要があるからだ」と語った
●そして「完全なセンサー覆域を確立できるような地上配備のセンサーを設置するためには、地球全体にセンサー立地場所を確保する必要があるが、それは不可能であり、そのため宇宙配備センサーで米国のミサイル追尾能力を拡大しなければならない」と説明した

●また、宇宙配備センサーの開発は、1980年代のSDI構想時代の30年前にさかのぼる課題であると同司令官は説明し、弾道ミサイルのミッドコース追尾システムの要求性能について、自身がSDI計画の主任技師として1989年に取り組んだ経験から語った
●そして当時すでに、ミッドコースをカバーするには宇宙配備センサーしかないと、米国防省は理解していたとHyten大将は振り返った

space-based 3.jpg●宇宙配備センサーの課題は、その当時から一貫して如何に導入可能な金額に抑えるかであったが、同司令官は、ミッドコースをカバーするセンサー自体は「途方もなく高額なわけではない」と訴えた
●そして問題は、宇宙配備のセンサー衛星に、多様な要求を詰め込みすぎて、極めて高価格のシステムにしてしまった事であると説明した

例えば、「より広範なミサイル警報要求」や「戦術情報収集能力の要求」などを同時に詰め込むことで、あまりにも高価なシステムにしてしまったのだと嘆いた
●そして、もし国防省が予算的に可能な範囲で効率的に事業を進めるため、多様な各種要求をコントロールしていたら・・・と考えると残念だとも同司令官は語った

インターセプター能力の向上が次に
space-based 4.jpg●更にHyten司令官は、宇宙配備センサーに続く課題として、「要撃兵器であるインターセプター能力の向上」を取り上げ、現在のミサイル要撃兵器は基礎的で単純な北朝鮮のような脅威にしか対応できないと警戒し、
●「脅威は日々進化し続けている」ので、米国は脅威の進歩に追随しなければならないと訴えた

要撃兵器の将来の配備場所や数量は政策的な判断であり、年末までかけて現在トランプ政権で行っている「ミサイル防衛見直し:BMDR」の結果を受けて検討されると説明した
●なお同司令官は4月4日の上院軍事委員会でも、今後行われるBMDRにおいて、ミサイル防衛庁からの勧告を受けつつ、より信頼できる要撃兵器が、宇宙配備の重層的なセンサー等を備えた将来能力向上が盛り込まれることをを望むと証言している
/////////////////////////////////////////////////////////////

弾道ミサイルの飛翔は3つの段階、つまり、打ち上げ段階(ブーストフェーズ)、中間飛翔段階(ミッドコースフェーズ)、そして最終段階(ターミナルフェーズ)に区分されますが、特に米国本土に大海を渡って脅威となるようなICBMでは、中間飛翔段階(ミッドコースフェーズ)での把握や脅威判定が重要なのでしょう

GBI.jpg要撃兵器( kill vehicleとかインターセプターとか呼ばれる)には、最終段階(ターミナルフェーズ)用にPAC-3とTHAAD、ミッドコース用に艦艇配備のSM-3がありますが、ICBMは最終段階で非常に高速飛翔しており、より高度な要撃兵器を必要としています

これに挑むのが、GMD(Ground-based Midcourse Defense:地上配備型ミッドコース防衛)構想の下、米国が本土配備を開始している迎撃ミサイル「GBI」です。
北朝鮮のICBM実験を受け、2014年6月以降3年ぶりに、思い出したかのように今年5月末に迎撃実験を行ったのがこれです。

なお、このGMDに関しては「海国防衛ジャーナル」の5月31日付記事が、包括的に解説しており大変勉強になります

初のICBM迎撃実験に成功:米本土ミサイル防衛(GMD)とは
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50788602.html 



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0