SSブログ

ゲーツ元長官「オバマは米軍を信頼していない」 [ゲーツ前国防長官]

お久しぶりRobert Gates元国防長官!
まんぐーすがブログを本格的に始めたのはこの人物が国防長官だった当時の「言葉」を伝えたかったからです

最下層のCIA職員からCIA長官に上り詰め、更に政党の異なる2つの政権で、大統領に請われ継続して国防長官を務めた男の言葉
ロバート・ゲーツ語録100選
http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2013-05-19
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

gatesCultureSV.jpg15日、TV番組(Fox NewsのSpecial Report)に出演したゲーツ元国防長官がシリア情勢やオバマ政権と軍の関係等についてコメントしています。
断片的で全体の流れがよく分かりませんが、その率直さと核心を突く指摘は今も健在です

ゲーツ発言:シリア対策について
外部のものが国外で訓練を施し、その者をシリアに送り返して機能させるなどと言うアイディアは「nuts:馬鹿げている」だ
●シリアでの人道的な問題や悲劇を食い止める唯一の道は、(シリア国内に)安全地帯(safe haven)を設けることであり、達成可能だと思う
ただし、内戦状態にあるシリアへの米国の関与は制限し、米軍の地上部隊を送るべきではない

ゲーツ発言:オバマ政権と米軍
gatesMarine.jpg●オバマ大統領は軍隊を信頼していない(distrust)。特にアフガニスタンではそうだった
ホワイトハウス内には、オバマ大統領に軍を信頼するなと常々言い続けている人達がいる。名前は挙げたくないが・・・

●(バイデン副大統領はその一人か、との質問に対し)そう思うし、彼からそのように言われたこともある
●そんなホワイトハウスのスタッフ達は大統領に対し、米軍はあなたを身動きできなくするとか、あなたを騙すとか、あなたを侮辱するとか、あなたが望まないことをさせるとか、言い続けているのだ。
/////////////////////////////////////////////////////////

米国の大統領選で、バイデンが民主党の候補に名乗りを上げるかが注目されていますが、クリントン女史が失速し、バイデン副大統領が浮くようになれば大変です。

ゲーツ氏の発言にもOffshore Balancing論的」な考え方が見え隠れしていますが、バイデンはもっと強力な「内向き指向」の臭いを発しており、米国の軍事同盟国にとっては厳しくなること確実です

2014年1月にゲーツ長官「回想録」の出版に際しメディアで
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-01-12
gates-Book.jpg●はっきり申し上げるが、私はブッシュ大統領とオバマ大統領に大息敬意を抱いている(have a lot of respect)

●しかしオバマ大統領を批判したいと考えている人々は、私の書いたことを利用していろいろ表現しているのだ

しかし副大統領や大統領府スタッフには厳しく
●NSCスタッフとは何度も口論となった。特に、4つ星の将軍に直接電話するような「攻撃的な」若いホワイトハウススタッフの不遜な態度には閉口した。

●(バイデン副大統領が40年以上に渡り外交問題で誤りを続けている、との記述について弁解せず、)1970年代からバイデン氏の姿勢には不同意だった。彼が70年代に南ベトナム支援に反対した事、イランでのシャーの排除を人権問題の改善と評価したこと、更にレーガン大統領の国防力強化に反対したこと等々に対してである
率直に言って、長い間、ずっと彼は誤っていると感じ続けていた

韓国に関し興味深い記述が(読売報道)
gatesSHGdinner.jpg●2007年11月、当時の韓国大統領だった盧武鉉氏は「アジアでの最大の安保上の脅威は米国と日本だ」と会談で述べた。「反米でおそらく頭が少しおかしい」と思った

イラク問題と日韓のお話
●米軍駐留継続をめぐるイラクとの交渉のさなか、長期にわたり米軍を受け入れている日韓に見解を尋ねたらどうかとイラク側に促したところ、逆効果だった
日韓とイラクは、受け入れ国の法律を破る米兵への憤りを共有しただけに終わり、自身の提案は「最悪のアイデア」だった
/////////////////////////////////////////////////////////

まとまりのない内容になりましたが、そんなオバマ大統領の安全保障関連補佐官が、次々と退任している今日この頃です

ゲーツ国防長官(当時)の活躍は以下の記事150本で
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300801461-1

そしてもう一度!
最下層のCIA職員からCIA長官に上り詰め、更に政党の異なる2つの政権で、大統領に請われ継続して国防長官を務めた男の言葉
ロバート・ゲーツ語録100選
http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2013-05-19

gates 2+2.jpg追記:ゲーツ氏は厳しい人物で日本の民主党政権時の2011年6月にDCで開催された「2+2」では、日本の同盟強化に関する煮え切らない態度に不満を前面に表現し、左の写真を同「2+2」を伝える米国防省webサイトのトップページに掲載しました

日本では、共同記者会見や4人が手を携える場面の写真が報道されていましたし、米国防省のwebサイトには、他の「外交的に映りの良い写真」が多数資料映像としてサイトの末尾に格納されていましたが、あえて「不満顔」をトップに採用していました

日本だけでなく、国防費を軒並み削減していた当時の欧州NATO諸国にも辛辣な言葉を投げかけていました。そんな男です。ゲーツ氏は・・・
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0