SSブログ

C-17輸送機に故イノウエ上院議員の名を [ふと考えること]

Inoue-C-17.jpgInoue-C-17-2.jpg20日、ハワイのヒッカム基地に所属するC-17輸送機の一つを「Spirit of Daniel Inouye」と命名するセレモニーが行われました。あのダニエル・イノウエ上院議員にちなんだ名称です。

米軍には223機のC-17が有りますが、その中の5機のみが特別な名前を与えられているようです
式典にはヒッカム基地を預かる第15航空団のRandall Huiss司令官と太平洋空軍のPaul McGillicuddy副司令官が参加し、ハワイの伝統ある協会の司祭が命名の祈りを捧げたようです

McGillicuddy太平洋空軍副司令官は
●我が国は理想と信念によって結ばれた国だが、故イノウエ議員はその生涯をこれらの原則に捧げた
///////////////////////////////////////////////////////

故イノウエ議員についてはこの記事を
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-12-19

Inoue.jpg故イノウエ議員は、2012年12月、88歳でなくなったハワイ選出の上院議員です。
50年間上院議員を務め、日米関係の発展に尽力し、米国防省の退役軍人施策にも心血を注いだ、日米双方の安全保障関係者に取って忘れ難い存在でした

またその半生を語る時に忘れてはいけないのは、イノウエ議員が第2次世界大戦時に所属した、日系人のみで編成された「伝説」の第442連隊です。

Inoue-Battle.jpg第2次大戦中、米本土内で強制収容所に送られていた日系人ですが、彼らは「米国人たる日本人」の存在を示すため志願して戦時下の米軍に入隊し、この第442連隊で米国人として獅子奮迅の活躍をし、米国にその名を轟かせ、その存在を示したのです

以下は、上記イノウエ氏紹介記事の一部ですが・・・

2012年12月21日、ワシントンDCの教会でオバマ大統領は・・
●私が初めてイノウエ上院議員を見たのは11歳の時、ウォーターゲート事件の審議をテレビで見ていた時です。
●白人の母と黒人の父の間に生まれた私は、インドネシアとハワイで育ち、この世で生きていくことがそう単純でないことに気づき始めていました

obama-inoue.jpgそんな時です、彼を見たのは。この上院議員は力強く、業績を積んだ人物でしたが、当時一般的に考えられていた上院議員像とは異なりました
●そして彼が全米から尊敬を集める様子から、私は私の人生で何が成し得るかのヒントを与えてくれました

●この人物は10代で自ら志願して国に命を捧げる覚悟をしました。それも仲間である日系米国人が敵性外国人扱いされる中で・・・。この人物は米国を信じました。米国政府が必ずしも彼を信頼していない時にさえ・・。
●このことは私に何かを伝えてくれました。力強い何か・・当時は言葉に出来なかった・・強い希望の感覚です。イノウエ氏こそが、私に初めて政治的なインスピレーションを与えた人物と言って間違いありません。
//////////////////////////////////////////////////

イノウエ議員を語るに欠くことができない史実・
「第442連隊」について語らせて下さい

442Battle.jpg第442連隊は「Nisei(二世)」と呼ばれる日系人で構成されていた部隊です。第2次対大戦中、米本土内では差別的な扱いを受け強制収容所に送られていた日系人ですが、彼らは「米国人たる日本人」の存在を示すため志願して戦時下の米軍に入隊しました。

当初は米軍幹部も扱いに迷ったようですが、その優秀さから欧州戦線で大活躍し、トルーマン大統領自らが7枚目となる「大統領感状」を授与に赴くまでに至った伝説の部隊です。
その戦いの激しさは死傷率314%、つまり定員約3千人の部隊で述べ9500人の死傷者を記録したほどで、米軍内では抜き出た部隊でした。

442連隊の奮闘が米国中に知られ、同時に米国内での日系人に対する差別的処遇が明らかになり、ルーズベルト大統領が過ちを公式スピーチで謝罪して442連隊の奮闘を讃えました。442連隊は、まさに「体を張って」日系人の名誉回復に大いに寄与しました。
しつこいですが・・・死傷率312%・・米国陸軍史上最大の勲章数を誇る部隊です。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////

殺伐としたニュースが多い最近の日本ですが、先人の心意気と大和魂を、今一度振り返る機会にしたいものです。
是非日本にも「Spirit of Daniel Inouye」を派遣して欲しいものです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0