SSブログ

2週間後も飛行停止:発進準備中にF-35火災で [亡国のF-35]

7月3日現在も米軍の全F-35が飛行停止
先月23日の地上エンジン火災を受け

Kirby3.jpg3日、米国防省のカービィー報道官(海軍少将)は声明を発表し、6月23日に離陸準備中のF-35A後部エンジン付近から火災が発生した件に関し、2週間経過した現在も米軍の全F-35が飛行停止状態にあると明らかにしました
●同報道官は「同火災の原因は現在も調査中であり、更なるエンジン調査が命ぜられたところである。飛行の再開はエンジンデータの解析や調査結果を踏まえて決定される」、「国防省指導部は本件に関する慎重な姿勢を支持している」と説明した

●7月19日から20日にロンドン郊外で開催されるRIATエアショーへのF-35の参加の可否について報道官は、「最終決定は来週早々になされる」と声明で触れている
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F-35A Eglin.jpg23日午前9時15分(フロリダ時間)、エグリン米空軍基地で発進準備をしていたF-35A型(空軍型)の後部から火災が発生しました。操縦者はエンジンを停止して脱出し、火災は泡消化剤で消し止められた模様です。

操縦者にケガ等はなかったようですが、米空軍と海兵隊はF-35の飛行を停止し、米海軍はC型の飛行を停止するか検討中のようです
本件に関して24日付のDefense-Newsは、国防省関係者の話として「飛行停止は実施しない」と報じていますが、25日付のDODBuzzは少なくとも海軍と海兵隊は「飛行停止」と報じています

25日付DODBuzz記事によれば
●25日、第33戦闘航空団の報道官クローニン中尉は「F-35Aは安全確保のため、引き続き飛行停止状態にあり、今回の事故の調査を継続している」と電話インタビューで述べた
●火災を起こしたF-35Aはエグリン基地の格納庫に移動され、火災現場の破片とともに分析されている

●同日、米海兵隊司令部のRichard Ulsh大佐は「海兵隊もテスト飛行を一時停止している」と述べた
●海兵隊報道官は「米空軍F-35Aの火災原因が明らかになれば、我々は飛行を再開する。特に国防省から飛行停止の指示はないが、海兵隊独自の判断で飛行を停止している」と述べた
●一方で米海軍報道官は、F-35C型の飛行継続に関する問い合わせに返事がない

F-35A Eglin2.jpg●7月に英国の「Farnborough Air Show」で予定しているF-35の海外初飛行は、今のところ予定どおりの模様
米国防省は、4機のF-35B(海兵隊型)を7月14~20日に開催されるロンドン郊外で開催される「Farnborough Air Show」に参加させる予定である。
●同機はアリゾナ州海兵隊航空基地からメリーランド州のPatuxent Riverに飛行し、その後英国まで飛行する
///////////////////////////////////////////////////

今後どうなるか、どうなっているのか不明ですが、小さな事からコツコツと記録していくのも「亡国のF-35」カテゴリーの使命だと思いますので、ご紹介しました

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0