So-net無料ブログ作成

中露海軍が尖閣北西で共同演習へ [中国要人・軍事]

5月末から、上海沖(尖閣北西)で中露海軍演習
安倍首相が基調講演のシャングリラ・ダイアログと同時期

china-russia.jpg1日付Defense-Newsが新華社通信の同日付報道を引用し、中国国防省が5月末から東シナ海で海軍共同演習を実施すると発表した、と報じています

その日程は、安倍首相がアジア最大の安全保障イベント:シャングリラ・ダイアログで基調講演を行うタイミングにぶつけてきたようです!

各種報道を寄せ集めると
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140501-00000101-scn-cn
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201404/2014043001041&g=pol
http://mil.news.sina.com.cn/2014-04-30/0845776861.html

China-Russia1.jpg中国国防省は演習「海上連合-2014」について「定期的な演習」とした上で、「両軍の実務協力を深化させ、海の安全上の脅威に対応する能力を高める」のが狙いとしている。
●新華社は、「上海沖」で演習と報じているが、ロシア・メディアの報道として、演習を行うのは尖閣諸島の北西海域だと伝えた。
●他の中国メディアは「両国海軍が釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)北西海域で合同軍事演習を行うのは初めて」などと、演習区域が尖閣諸島近くであると強調している

昨年ウラジオストック沖で実施された両国海軍演習と同様の演習で、防空、対潜、海上封鎖、補給などの分野を重点的に行う。また軍事演習だけでなくスポーツや文化イベントを通じて両国の親睦も深める
●およそ20隻以上の艦船や潜水艦が派遣される予定で、航空機も参加の模様
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

China-SDL-2013.jpg5月30日からの週末、シンガポールで定例のシャングリラ・ダイアログ(アジア安全保障会議:IISS主催)が開催され、ロシアや中国を含む太平洋地域の国防大臣が一堂に会します。アジア最大の安全保障関連イベントと言っても過言ではありません。

もちろんべーゲル国防長官も参加しますし、今年は何と言っても会議の基調講演を安倍総理が行います。「アジアの時の人」に選ばれたわけです。

同会合のwebサイトは安倍首相の写真を大きく掲載
http://www.iiss.org/en/events/shangri-s-la-s-dialogue

シャングリラ・ダイアログに「ぶつけてくる」とは・・・中国もそうですが、最近のロシアは本当に強硬です。このまま放置してはいけないと思います!

総理が基調講演を行うシャングリラ・ダイアログを勉強
「2013年シャングリラ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-31
「2012年シャングリラ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-25
「2011年シャングリラ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-06-01

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0