SSブログ

2年間だけ強制削減緩和へ? [米空軍]

18日、本法案は上院でも可決され、成立しました!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Paul Ryan.jpg12日、米議会下院でPaul Ryan議員やPatty Murray議員らが提出した 2014年度と15年度予算で強制削減を緩和する議案が可決され、上院へ送られました。
しかし、可決した下院でも賛成333票に対し94票(共和62票、民主32票)の反対票が出るなど否定的な見方も多く、来週(16日の週)上院で可決されるかは予断を許さない模様です。

それでも、共和・民主両党が超党派で作成した予算提案が可決されたのは2009年以来4年振りとのこともあり、「ねじれ」議会で空転を続けてきた米議会に明るい兆しです
一方、この処置では不十分だと言いながら、早くも米軍からは「このように使いたい」との主張がなされているようです。

米空軍は相変わらず「戦闘機命」主義ですが、特定機種の全廃を巡り、議会からは釘を刺されているようです

下院を通過した強制削減緩和案は
Patty Murray.jpg●2014年度と15年度予算において強制削減を緩和し、米軍予算に14年度2兆2000億円、15年度で9000億円の追加予算を求める案
●米空軍に関して言えば、、各年度で3000億円から7000億円を追加で加算することが認められる模様
●一方で、本緩和案には、米空軍が強制削減対処のために必要だと主張してきた「特定機種の完全破棄」を禁ずる規定が盛り込まれている模様

米空軍の皮算用(米空軍調達担当部長)
●Charles Davis中将は「即応体制を取り戻すため、飛行時間や演習経費を取り戻さなければならない。Red Flag演習の様な訓練は極めて重要であり、優先度高く回復しなければならない」と語った
●また同中将は「2013年度は削減せざるを得なかったF-35の生産と開発経費への予算完全充当も重要な事項である。空軍予算の約18%はF-35関連であり、細部どの予算を取り戻すか検討を開始している」と語った

A-10の完全廃棄はどこへ?
A-10-2.jpg●米空軍は、経費削減を行うためには、特定の機種を全廃して整備基盤や関連施設全てを破棄することで初めて予算を削減できると主張しており、A-10等を具体的に検討している
●しかし、(選挙区への利益誘導や個人的なこだわり)で特定機種全廃には反対が大きく、A-10のケースでは自身の夫がA-10操縦者である上院軍事委員会のKelly Ayotte議員が強硬に反対し、新空軍長官承認を拒否していたほど
●下院を通過した「強制削減緩和案」では、A-10全廃を認めないとの強い表現が含まれている模様

●空軍のDavis中将は「センサーや兵器の発達により、A-10の様に目標に近接して攻撃するタイプの航空機でなくとも、F-16やB-52やB-1で任務遂行可能になっている。兵器の発達によりゲームは変化したのだ」と説明している
●更に同中将は「将来の近接航空支援CASは、現在アフガンで行っているモノとは異なった技術を求めるだろう。究極的には、上空の航空機を必要としない事も想定される。地球上空からレーザーがピンポイントの精度で、友軍部隊や施設に接近する不審者に対応することも想定される」と語った
////////////////////////////////////////////////////////////////

Rethinking Seminar.jpg相変わらずの戦闘機重視には気持ちが萎えますが、それ以上に特定機種全廃や基地の統廃合に対する議員の執拗な抵抗には「脱力感」を感じざるを得ません。
東シナ海で中国との対峙が厳しさを増す中で、このような米国内の抵抗勢力話を紹介したくはないのですが、これも紛れ無き米国の現状ですので取り上げました

国防予算に関しては、「military compensation」と呼ばれる健康保険や福利厚生や恩給制度への「切り込み」が不可欠であり、今後も激論や議論の停滞が繰り返されるのでしょうが、米国防省の動きフォローを通じ、日本の安全保障政策を考えるのが本ブログのメインテーマですので、忘れた頃にまた取り上げます

「military compensation」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-06-06
「ヘーゲル長官のスタッフ削減策」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-12-07
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0